HOME > ソファー > ルイ16世様式 リボン彫刻 ソファ

  • 商品情報
  • 解説
  • 補償について
  • お問合せ

ルイ16世様式 リボン彫刻 ソファ

商品番号:MSF_0093

ギリシア神話の中で、神聖な意味合いを持つ月桂冠に、繊細なひだのリボンが結わえられた美しい彫刻のトップ。
今回ご紹介するのは、1880年代にローズウッドでつくられたルイ16世様式 リボン彫刻ソファ。
古代ギリシアを彷彿とさせる建築的な意匠の中にも、随所にぱっと花が咲いたかのような美しい彫刻が散りばめられた逸品です。

彫刻職人によって見事に表現された、トップを飾る透かしのレリーフ。月桂樹の葉の紡錘形や表面の凹凸感などが忠実に再現されています。トップや脚の付け根に施された繊細なリボン彫刻は、ひだの細かさによって、リボンの持つ可憐さが引き立てられているように感じます。
生地は、弊社社長・萬田あけみのデザインによって張り替えられたものです。花束とリボンのモチーフが、彫刻の持つ優雅なイメージをより一層豊かにしています。
稀少なローズウッドを用いた、ルイ16世様式の古典的で直線的な建築的意匠の中に、優雅な貴族文化を象徴した、芸術的なソファと言えるのではないでしょうか。

マリー・アントワネットが愛したルイ16世様式のデザインに、見る者を甘く酔わすデリケートな彫刻の数々。サロン文化が花開いた時期に、貴婦人が芸術家や知識人らと語らう姿が目に浮かぶようです。

お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 電話でのお問合せ TEL:093-591-3357
  • この他にもホームページに掲載していない商品も多数ございます。
  • 商品に関するその他の情報は、スタッフよりご説明させていただきます。
関連商品