HOME > 夢織ジャーナル

Jiro Murata
村田 次朗

手作り家具を作りたくて、飛騨高山に修業し、家具職人として家具作りに携わってきました。夢織に入り、18世紀から続く伝統技法・フレンチポリッシュを本場フランスの専門家、オーストリアの古楽器修復師より教授し、5年間の修業を経て習得しました。夢織アンティーク家具の木材の良さ、職人の技・知識、そして感性に驚かされる日々です。

アンティークならではの無垢材の良さ、家具にまつわる話題をお届けします。 -夢工房ジャーナル-

2008.05.31.Saturday

工房長日記 1

過去の記事