HOME > 夢織ブログ

Yumeori blog 夢織ブログ

夢織の日々を発信します。

貴族探偵と夢織の家具
本日9時からいよいよ貴族探偵の
STORY7が放映されます

2017.5.29.Monday


フジテレビ月9ドラマ「貴族探偵」、ストーリー6で物語が急展開しましたね。なにやら波乱の予感です!
夢織の家具や様々な調度品も「貴族探偵」を盛り上げるのに、協力させていただいております。先週は「貴族探偵」で使われている家具のおはなしでしたが、今週も夢織の商品について、エピソードをお伝えいたします。

 
さて、「貴族探偵」ストーリー1から登場している、銀のシガー(葉巻)ボックス。執事がうやうやしく差し出すシガーボックスから、御前様が家紋入りのシガーを取り出し、香りを楽しむシーンがありました。ストーリー2では、ピクニックのシーンにも使われていましたね。




夢織店内書斎イメージ

シガー(葉巻)は、貴族階級の紳士の嗜みです。16世紀以降、ヨーロッパにもたらされた最高級のキューバ産シガーには、重税が課せられていたため、シガーはかつて特権階級にのみに許された趣味でした。
貴族社会では、パーティーの晩餐が終わったら、男性はいっせいに女人禁制のスモーキングルームに移動して、極上のシガーを愉しみました。シガーを愉しむのに使用する贅を尽くした道具のコレクションは、貴族のステイタスシンボルでした。



シガーボックスは木製のものが主ですが、夢織のシガーボックスは銀製です。
ルネサンス時代以降、毒殺が横行していたヨーロッパ宮廷では、毒に触れると変色する銀を、食器、椅子の肘置きや家具のハンドルに使いました。調度品に銀を使うのは、貴族の贅沢文化ですが、背景にはそんな理由もありました。

1880年代フランス製の、この豪華なシガーボックス…筋金入りの貴族趣味!!かつての持ち主の、華やかな生活が想像できますね。

今週は、先週の家具とは嗜好を変えまして、御前様ご愛用のシガーボックスのお話でした。インテリアの細部にも、ドラマ「貴族探偵」のこだわりが見られます。

さて、今夜のストーリー7から、いよいよ仲間由紀恵さんの登場です!!!
ますます、波乱に満ちた展開が期待されます。果たして御前様の秘密とは………。
今夜も、「貴族探偵」から目が離せませんね。

貴族探偵と夢織の家具
本日9時からいよいよ貴族探偵の
STORY6が放映されます!

2017.5.22.Monday


「貴族探偵」。物語も佳境に入り、ますますエピソードに深みが出て来ましたね。
いつも事件の謎解きの舞台となる、御前様のテントの中は、夢織のアンティークが飾られています。もうご覧になって頂けましたか?

貴族探偵は、日本のドラマの中でも、舞台美術にかなりこだわった、凄い番組です…今回は使われている夢織の家具について、少々掘り下げてみましょう。キーワードは、「貴族探偵」と「ほんもの」です。

このゴールドのソファ。19世紀末のイギリスの大邸宅で使われていたものです。ドラマの中でもひときわ目を惹きますね。貴族のお屋敷では、このようなゴールドの家具が好んで使われます。あのフランスの女王、マリー・アントワネットはゴールドを愛したため、ヴェルサイユ宮殿に私室「黄金の間」を設けさせていました。そのためゴールドの室内装飾は、ヨーロッパ上流社会で大流行しました。何気なく置かれている家具にも、そんな意味があります。







貴族探偵の登場人物たちが、愛憎入り乱れる殺人事件を彩りながら、華やかなチェスの駒のように動き、美しい椅子に腰かけます。この椅子はつややかな朱子織に刺繍を施した、貴婦人のドレスのような生地を張った、サロンチェアと呼ばれるものです。


※夢織店内。ヨーロッパのサロンを再現しています。

サロンとは、芸術家や学者を館に招き知的な集いを催した貴族の社交文化のことで、特にルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人のサロンは有名ですね。このように貴族探偵では実際にヨーロッパの上流階級のお屋敷のサロンを演出したほんものの家具を、こだわって使用しています。






この豪華な家具は、コモードと言います。
貴族のお屋敷に、必ず置かれている家具です。フランスの太陽王・ルイ14世お抱えの伝説の家具作家アンドレ・シャルル・ブールが、王にふさわしい豪華な家具を、と考え付いたのが、このコモードです。両脇に飾られているブロンズ細工を見てください。後光を帯びた青年は、太陽王ルイ14世の像です。
ドラマに併せ、様々なエピソードを持った家具たちのご紹介をしてみました。いかがでしたか?さあ、本日9時、いよいよSTORY6の幕開けです。

フジテレビ月9ドラマ、「貴族探偵」の貴族の館で、夢織のアンティークが全面的に使われています。(第一弾)

2017.4.24.Monday

貴族探偵 家具
桜も盛りを過ぎ、吹く風に初夏の気配さえ感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
2017年春、皆様に夢織から素敵なお知らせがあります。
今年で30周年を迎えるフジテレビのゴールデンタイム、月曜9時のドラマ「貴族探偵」で、夢織のアンティークをふんだんにお楽しみいただけます。「貴族探偵」………主人公は自ら貴族と名乗り、探偵を趣味にしている謎の青年。貴族の空間には、ほんもののアンティークこそがふさわしい。弊社代表・萬田あけみが撮影のメインの場所となる貴族の館の設えを手掛けております。

貴族探偵 家具
ドラマの舞台デザインを手掛けるディレクターの方が、萬田あけみ著「究極のインテリア ロココとヴィクトリアン」と出会い、今回の依頼を受けました。
西洋アンティーク家具とその設えについて書かれている本は日本にはなかなか無く、この本はとても貴重と絶賛して頂きました。

貴族探偵 家具
海外の方にもお褒めの言葉を多数頂戴しております「究極のインテリア ロココとヴィクトリアン」好評発売中です。「貴族探偵」の中でも、この本が飾られているので、どうぞご覧ください。

貴族探偵 家具

貴族探偵 家具 貴族探偵 家具
英国マナーハウスから入手した金箔が貼られたソファーを中心に、ルイ16世様式金箔スクリーン・ショーケースを合わせた華やかな設えは圧巻です。色鮮やかなグリーンの王室御用達生地で張り替えた透かし彫刻が美しいアームチェアの存在感は特別です。「究極のインテリア」の設えを「貴族探偵」で再現しております。

貴族探偵 家具
英国・ウエッジウッド窯を代表するジャスパーウェアーを焼かせ製作された、マリー・アントワネット好みのフランス製ショーケース。ドレスデンのプレートセットがこの家具をさらに華やかに演出しています。このショーケースは「貴族探偵」で際立った存在感を放っています。
弊社社長は常々、日本のドラマの西洋のしつらえに、ヨーロッパのドラマ、映画のような本物を置いてほしいと思っておりました。本物は、かもし出すものが違います。美術工芸品として作られた本物の存在感を、ヨーロッパの世界観を皆様にわかってほしいと願っております。

貴族探偵 家具
ヴィクトリアン ペイントコモードを中央にウエッジウッド陶板画ショーケースが華麗な雰囲気を演出しています。この豪華な設えをイメージし、「貴族探偵」で再現しました。

貴族探偵 家具 貴族探偵 家具
貴族の邸宅にふさわしい象嵌コモードと鮮やかなブルーの陶板が印象的なセーブル様式マントルクロックが華やかさを演出しています。

貴族探偵 家具
セーブル様式マントルクロックは「究極のインテリア」の調度品として飾られているものであり、「貴族探偵」の設えの格式を高めるために特別に貸し出しました。
アンティーク家具を始め、照明、マントルクロック(置時計)、陶磁器、ブロンズ像、グラス等の調度品など多数を貸し出しております。

貴族探偵 家具
ドラマの出演者・関係者の方々からも、家具が凄い!と口々におっしゃって頂いています。夢織が演出する空間で、どんなドラマが展開するでしょうか。
この度は一部の設えをご紹介しましたが、他にも夢織のアンティーク家具等がドラマでたくさん出ておりますので、次回(第2弾)ご紹介します。
物語と併せ、画面を彩るアンティークをお楽しみください。

福岡小倉本店 アンティークバカラ展

2017.3.02.Thursday


立春を過ぎてもなお厳しい寒さが続いていますが、皆様変わらずお過ごしでしょうか?
福岡小倉本店では、各国の王侯貴族に愛され、今なおクリスタルの王者として君臨し続ける“バカラ”を一挙に公開する「アンティークバカラ展」が始まりました。
初日からたくさんの方々がご来場され、感嘆の声を上げられています。
お屋敷から出てきたシャンデリアやグラスなどバカラの銘品をお楽しみください。


アンティークバカラ展の会場がある2Fに行く前に少し寄り道。
1F中央ホールには、英国・フランスより届いた新入荷の家具をディスプレイしています。
赤と白のカットベルベット生地で張られたルイ16世様式のホワイトペイントのサロンセットは、ティーテーブルも付いたもの。椅子の背の生地(表・裏)までカットベルベットというこだわりの逸品です。


階段の踊り場からの眺めです。
奥に見える籠型のシャンデリアは1900年代のバカラです。
深みのあるクリスタルが醸し出す重厚感がアンティークバカラの最大の特徴であり、現代ものには到底醸し出せない荘厳な雰囲気の中にやわらかなきらめきが感じられます。




ここからがメイン会場です。
丸いウイグル絨毯の上のシャンデリアはすべてアンティークバカラ。
クラシカルなスタイルから、かご型、珍しい王冠型のもの(中央)まで、きらびやかな中にも、気品が感じられるものばかりです。
かつて王侯貴族のお屋敷の中を照らしていたであろうシャンデリアを中心に、夢のような空間が広がります。


テーブルの上にはバカラのグラス、プレートやボウルが、シャンデリアの光を受けて、燦然と輝いています。
世界のセレブリティたちに愛されているアルクールや、繊細なカットの美しいコルベールなどなど。
どれもバカラを代表する銘品ばかりです。


丸みを帯びたカットが美しいリシュリューというシリーズ(写真左)は、1客1万円台から手に入るリーズナブルなグラスです。
ギフトとして大切な方に贈られる方も多くいらっしゃいます。(プレゼント用の包装をご希望の方はお気軽にお申し付けください。)


シャンデリアだけでなく、テーブルランプも新たに入荷しました。
こちらの本体部分は、バカラが1845年から1855年にかけてパリ万博に出展するインパクトある展示物として開発した「ホワイト・オパールクリスタル」という素材で出来ています。
乳白色の上品な色味は宝石のように美しく、稀少な逸品です。
今回のアンティークバカラ展に合わせて、後ろに掛かっているレースもシャンデリア柄。
アンティークバカラのシャンデリアのきらめきを表現するために、イタリアから取り寄せました。
スパンコールも用いられており、会場がよりいっそう華やかになりました。




その他にも、店内には貴重なアンティークバカラの品々を豊富に取り揃えております。
ぜひ店内の奥まで、ショーケースの隅々まで、じっくりとご覧いただければと思います。


ヨーロッパ直輸入の生地やクッションやティーマットなどのファブリック製品もたくさん入荷しました。
今年の干支にちなんで取り寄せた、鳥の柄のかわいらしいクッションが好評です。


毎回好評のティーサロンが今回もフェアの期間中限定でオープンします。(お好きなスキティーとチョコレートが付いたウィンターティーセット600円)
冬季限定スキティー のスパイスドシトラスもまだまだお楽しみ頂けます。


アンティークバカラ展は3/13(月)まで開催しております。
3月上旬には、フランスのミュージアムが買い付ける前に手に入れることのできた、貴重なバカラのグラスセットが入荷します。
美術館クラスの貴重品を間近に見られる機会はそうそうありませんので、すでにご覧になった方も、是非もう一度足をお運び頂けますと幸いです。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ファブリック&ウイグル絨毯フェア開催

2017.1.23.Monday


厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
年明けのYUMEORI夢織は、東京店で「アール・ヌーヴォー家具照明特別展」(1/22まで)を、福岡小倉本店で「ファブリック&ウイグル絨毯フェア」を開催しております。
2017年も皆様のご期待に沿える展示会を開く予定です。どうぞよろしくお願い致します。
今回は、福岡小倉本店で開催中の「ファブリック&ウイグル絨毯フェア」をご紹介いたします。

ヨーロッパならではの色づかいが美しい新入荷ファブリックや、寒い時期に必須のウイグル絨毯など、新年を彩る種類豊富な品々をぜひお楽しみください。


1F入り口脇の会場では、仕上がったばかりのティーマットやテーブルクロス、クッションなどのファブリック小物を取りそろえています。
英国王室御用達の生地や、フランスの優雅なリボン柄生地でつくられた小物類は数量限定なので、お早めに。


普段は2Fの売場でのみご披露しているウイグル絨毯も1Fで飾っています。
目の細かさや模様もさまざま。この機会にじっくりご覧ください。
さらに多くの種類をご覧になりたい方は、2F売場へどうぞ。
きっとお持ちの家具やお部屋に合う一枚が見つかるはずです。

 
ウールのトラディショナルなチェック柄と千鳥格子柄のカーテンが入荷しました。
赤いチェックの柄には、可愛らしいお花とドットのレースを、シックな千鳥格子柄には、金の糸で刺繍された、動きのあるお洒落なレースを組み合わせています。
カーテンとレースのコーディネート次第で、様々な印象に生まれ変わります。


こちらは1F中央のホールです。
英国王室御用達の生地(グリーン)で張替えたローズウッドのソファを中心に貴族のお屋敷を思わせるしつらえです。
ヨーロッパの素敵なデザイン・色彩豊かなファブリックで、お持ちの椅子を張り替えませんか?

 
そのホール両脇を飾る繊細でクラシカルな柄のレースもフランスから取り寄せた新入荷のものです。
薄いレース生地に透かしの連続模様を刺繍した優雅な逸品。室内を豪華に彩ってくれます。

 
こちらのレースはよく見ると、エレガントな花をモチーフにした透かし模様の刺繍が施されています。
軽やかなエンブロイダリーのレースは、窓だけでなく間仕切りとしても、お部屋を素敵に演出してくれます。
これらのレースは価格も比較的リーズナブル。ご興味のある方は、お見積りも承りますので、お気軽にお声掛けください。

 
店内には、その他にもファブリックとウイグル絨毯が豊富です。
珍しいシルクのウイグル絨毯はタペストリーとして壁に掛けてもお楽しみいただけます。


ここからは2Fです。
階段を上がると、様々なヨーロッパの記事で張り替えた、アンティークチェアがお出迎え。
エメラルドグリーンの生地で張り替えたお揃いの椅子は、ルイ15世スタイルのリエージュサロンチェア。この上質なシルク地は、ヴェルサイユ宮殿でも使われている貴重な生地です。
当社の社長が、アンティークの為にヨーロッパ中探し、出会ったファブリックです。
このシルクで張り替えると、よりアンティークの価値を高めてくれます。


こちらはウイグル絨毯コーナー。現在はもう生産されていない、手織りの絨毯です。
人気の鳳凰を随所にあしらった柄や、ジュエリーを散りばめたような柄に加え、一点ものの絨毯も多数ご用意しています。敷く場所や用途に応じて、絨毯のサイズもいろいろございますので、ご要望に応じてご紹介しております。
また、今回は秘蔵の絨毯も一部公開しますので、ウイグル絨毯にご興味のある方はぜひ。

 
小部屋もヨーロッパ直輸入の生地を使用して模様替えしています。
一部屋一部屋ゆっくりとご覧ください。

 
ファブリック&ウイグル絨毯フェアに合わせ、ティーサロンも期間限定で復活しています。
アンティークのチェアやソファに腰かけて、ティーセット(お好きな紅茶にショートブレッドとチョコレートが付いて600円)で優雅な時間をお楽しみください。
おすすめは冬季限定スキティー のスパイスドシトラス。シナモンなど天然スパイスの香りが広がり、体の中から温まり、これからの時期にぴったりです。

ファブリック&ウイグル絨毯フェアは1/29(日)までです。
まだまだ寒い日が続きますが、日中など比較的温かい時間帯にぜひお遊びにいらっしゃいませんか?
皆様のご来店をお待ち申し上げております。

1  |  2  |   15件

ブログトップ↑