HOME > 夢織ブログ

Yumeori blog 夢織ブログ

夢織の日々を発信します。

帝国ホテルプラザ店から、新入荷が届きました。

2014.2.15.Saturday


先日の東京は、大雪に見舞われましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?こちらの真紅のアンピール様式サロンチェアは、現在公開中の映画「黒執事」で使用されているものです。背もたれ部分の漆黒に施された金彩のペイント、そして座面には華やかな真紅のベルベット生地が貼られ、ダヴィットが描いた「アルプス越えのナポレオン」の雄姿を彷彿とさせる贅を尽くした逸品です。

職人の高度な腕が必要とされる“ボタン絞り”という技法が使われた座面、そして裏面に使用された牛革、金彩の全てが、当時のままであり、100年以上大切に受け継がれてきたことが伝わります。





その他にも東京店では、映画「黒執事」に貸し出した家具を展示しております。こちらのネオクラシカル様式三面鏡ドレッシングテーブルも劇中で使用されているもので、イギリスのお屋敷から見つかりました。

ギリシャ神殿の柱を思わせる華奢な脚に明るいマホガニー材で作られた美しい木目の天板、そして引き出しには、ネオクラシカル様式の特徴である円形の取っ手とオルモルの装飾が施され、滅多にお目に掛かることの出来ない三面鏡がついた大変稀少なものです。

綺麗な木目の天板右上に置かれたアール・ヌーヴォー期のバカラのクランベリーガラスのテーブルランプは、柔らかな光でエレガントな夜の空間を演出してくれることでしょう。





左手のドレッシングセットは、アール・ヌーヴォー期のもので、ブラシと手鏡の5点セットで見つかりました。一見重そうに見えますが、実は木に銀の塗りが施され、軽く使い勝手の良い大変綺麗な状態のものです。一点一点に、自然美を取り入れたお花・銀杏の葉・ひし形がデザインされ、作者の細やかな表現の意図が伝わってくる工芸品です。

こうしてネオクラシカル様式のドレッシングテーブルを眺めていると、好きな香水を置いて、おやすみ前にゆったりと一日を振り返り、心の余裕を大切にしながら眠りの世界へと誘われていった優美な貴婦人がそこに腰かけているかの様なイメージが膨らんできます。





こちらは、木目の美しさの中に数種類のフルーツウッド等の各種木材象嵌細工が施されたサイドテーブルです。天使の様な可憐な佇まいに見惚れてしまいます。

お部屋に華やかさを足すのももちろんの事、実用的にソファー横のサイドテーブルとしてコーディネートされたり、寛ぎのティータイムにテーブルとしてお使いになられるのも良いでしょう。引き出しの取っ手と各脚の根元には、美しいオルモルがデザインされて上品な雰囲気を演出しています。





人気の夢織オリジナルのファブリックも、沢山届きました。こちらのファブリックは、シルク刺繍が施され、洗練された美の象徴、ルイ16世様式のデザインです。月桂樹とオリーブの枝とリボンの模様がこの時代の特徴です。シルク刺繍が入っているため、生地に自然な光沢感があり手触りも滑らかでお部屋を華やかな印象にコーディネートするのに最適です。クッションの他、テーブルクロス、ティーマット、テーブルランナーを取り揃えております。



ブログ内でお気に召される商品がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。来月facebookを開設予定ですので、乞うご期待下さいませ。





ギャラリー夢織帝国ホテルプラザ店

03-6205-7898



ブログトップ↑