HOME > 夢織ブログ

Yumeori blog 夢織ブログ

夢織の日々を発信します。

帝国ホテルプラザ東京店 華麗なるヨーロッパ室内装飾品展、クリスマスフェア

2016.12.21.Wednesday


2016年のクリスマスが近づいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
クリスマスフェア特別企画として、帝国ホテルプラザ東京1階にて夢織代表・萬田あけみのインテリアデザインによる、『華麗なるヨーロッパ室内装飾品展』を好評開催中です。アンティーク好きな方々にはもちろん、欧米、アジアからの外国人訪問者、帝国ホテル内でもその豪華な設えが話題となっております。


YUMEORI夢織の誇る、装飾芸術品と呼べるアンティークが多数展示されております。
ご来店された方々から、「まるでヨーロッパのお城を訪れたような気持ちになります。」「これだけの上質アンティークを揃えられて・・圧巻です。」等お褒めの言葉を多数頂戴しております。


貴婦人のためのデスクと呼ばれた、セーブル陶板付ボヌール・ドゥ・ジュールは、他を凌駕する、圧倒的な存在感です。こちらは、12月25日迄の展示となりますので、それまでにどうぞご覧くださいませ。


この本をご覧になられた方々から、新築・改築のインテリアデザイン、コーディネートのご依頼が全国から寄せられています。萬田あけみ著「究極のインテリア〜ロココとヴィクトリアン」は、弊社店舗及び全国書店、インターネット通販Amazon(アマゾン)でも好評発売中です。


優美なデザインに施された透かし彫刻が印象的なヴィクトリアンソファーです。
3階の帝国ホテルプラザ東京店の店舗・ショールームには、新入荷家具、照明をはじめ素敵なものが多数届いております。


こちらは、英国のクリスマス雰囲気で設えております。
希少なローズウッドの円形ブレックファストテーブルは、室内装飾として立てて飾ることも出来ます。お部屋の「格」が上がる逸品です。


店舗にはクリスマスオーナメント、バカラグラス、アンティークジュエリー等、クリスマスプレゼントに最適なものも取揃えております。帝国ホテルプラザ東京1階特別展示に併せ、3階店舗、ショールームも見応えある品ぞろえと華麗な設えで皆様をお迎えしております。今年のクリスマスは、YUMEORI夢織にどうぞお立ち寄りくださいませ。

帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム東京店
店内公開

2016.9.30.Friday


紅葉の季節となりました・・・「華麗なるロココとヴィクトリアン装飾芸術展」を帝国ホテルプラザ東京店で開催しており、お陰様で多くのお客様にお越しいただいております。その特別企画展のなかでも目を惹いているのが、ショールームに展示されているサロンセットです。弊社社長 萬田あけみ著「究極のインテリア」の表紙にも掲載されており、帝国ホテルプラザのオータムフェア冊子にも掲載されている、ナポレオン3世時代の稀少なローズウッドに美しいシルク地が貼られたソファとアームチェア(2点)のサロン3点セットです。座面のクッションには羽毛がたっぷり詰められており、まさに貴婦人のためのサロンセットと呼ぶにふさわしい、往時を彷彿とさせます。


国内はもとより、アンティークの本場・英国をはじめヨーロッパの方々にも高い評価を頂戴しております。萬田あけみ著「究極のインテリア ロココ&ヴィクトリアン」好評発売中です。


こちらには質の高いマホガニー材を使用したヴィクトリアンのブレックファストテーブルを中心に設えております。このテーブルは、天板を立てて飾ることができるティルトトップ型になっています。


上質生地で張り替えた、新入荷のヴィクトリアンサロンチェアもとても素敵です。
4脚のサロンセットで入手した稀少なものです。


こちらには格調高い象嵌クレデンザ、洗練された美しさが際立つペイントボヌールドゥジュール(貴婦人デスク)、稀少な150年以上前のサロンチェアを中心にヴィクトリアン家具で設えております。
来月より博多阪急、阪急うめだで開催される「英国フェア」に出展致します。


こちらは、目の覚めるようなグリーンのシルク地で張り替えた、ナポレオン3世時代の豪奢な金箔ソファです。華やかな夜会の余韻が聞こえてくる様な佇まいです。
その後ろには、秋に相応しい落ち着いた色調のリエージュのスクリーンが置かれています。
王室御用達の彩りが美しい刺繍生地で張り替えた、4枚仕立てのスクリーンのみごとな彫刻は、躍動感にあふれています。リエージュ製のスクリーンは入手困難であり、貴重です。


夢織のアンティーク家具に合わせて製作されたお人形です。夢織に相応しいものをと、稀少なアンティークレースを使用するほど細部にこだわり抜いております。それぞれのお人形にテーマがあり、どれも気品高く素敵です。


「華麗なるロココとヴィクトリアン装飾芸術展」という展示会に相応しい家具、調度品がこちらに展示しております。こちらは是非、ご来店頂き間近でご覧くださいませ。
皆様のご来店を、帝国ホテルプラザ東京店スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

新入荷商品届きました 帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.9.05.Monday


暑さもようやく落ち着き、虫の声がきこえるようになりました。秋の気配も感じられる、今日この頃でございます。皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
帝国ホテルプラザ東京店では、オータムフェアに先立ち、新入荷の家具が届きました。今日はそのごく一部をご紹介いたします。


こちらはエドワーディアン様式のミュージックキャビネット。明るい色のマホガニーに、細かい象嵌細工が施されています。貴重な楽譜を大事にしまえる様、引出しには、仕掛けがあり、当時所有されていた方の心づかいを感じさせます。音楽を奏でることが貴族のステータスだった時代に、そこにはどんな曲の楽譜が納められていたのか、のぞいてみたかったですね。


ショップ入口を入ると、ヴィクトリア時代の上質なマホガニーのショーケースがお出迎えいたします。
ヴィクトリア時代は、英国が最も華やいだ時代です。こちらのショーケースは、ヴィクトリア時代の華やかさと、品格を感じさせるアンティークです。


さらにショップの奥に進むと、華やかなクレテンザの上にブロンズのマントルクロックが飾られています。ファンファーレを奏で、花綱とたわむれている天使とパリ窯のなんとも可憐なお花の陶板がはめこまれ、その場所と空間を華やかに、優雅に時を刻んでくれます。
ぜひ、間近でご覧頂きたい逸品です。

帝国ホテルプラザでは、9月16日よりオータムフェアが開催されます。
それに併せ、東京店では「華麗なるロココとヴィクトリアン装飾芸術展」と題し、弊社代表・萬田あけみ著「究極のインテリア ロココ&ヴィクトリアン」出版を記念したフェアを開催いたします。
詳しくは次回をお楽しみに。

サマーフェア好評開催中! 帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.7.15.Friday


猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。英国・フランスより大型コンテナ便が届き、鮮やかなグリーンのシルク生地で張り替えた金箔を貼ってあるソファを中心に、帝国ホテルプラザ東京店及びショールームに新入荷の家具・照明等がたくさん入荷しました。本店では7月16日(土)より、「夏のアンティークフェア」を開催致します。ホームページをご覧の方に、東京店に届いた新入荷の一部を公開致します。


弊社・代表萬田あけみ著『究極のインテリア−ロココとヴィクトリアン』に掲載されているナポレオン三世時代の陶板付マントルクロックと陶板付キャビネットの組み合わせが、マナーハウスの一室のような格式高い空間を演出しています。上部のミラーは金箔が施され、更に豪華な雰囲気を醸し出しています。


英国やフランスの建築家、英国の名門貴族、ウィーンやイタリアのオペラ歌手など、その道を究めたヨーロッパで活躍する方々からも、西洋アンティークや室内装飾に敬意を持って探究し続けてきた著者の思いと姿勢に、称賛の声を頂戴しております。書籍「究極のインテリア ロココとヴィクトリアン」、各書店・Amazonで好評発売中です。当店でも販売しております。


こちらはアール・ヌーヴォーのコーナーです。新入荷の象嵌トレー付ダムウェーターがアール・ヌーヴォーダイニングテーブルをさらに引き立てています。このダムウェーターは実際にご覧頂くと、その美しいライン、クオリティーの高さに驚かれると思います。上質シルク生地で張り替えた華麗な4枚スクリーンの後ろには、新入荷のガレの象嵌テーブル、象嵌ネストテーブルがございます。こちらは是非、ご来店頂きご覧くださいませ。


ショールームにも新入荷が届きました。ウォルナットの美しい化粧張りが施されたビューロー(写真左)は、扉を開いてデスクとして、閉じて飾ってもとても素敵です。


チッペンデールセティの前に飾っているウォルナットのコーヒーテーブルは100年以上前の稀少なものです。コーヒーテーブルは1920〜30年以降のものを取扱っているところが多く、年代物で、天板、脚にまで繊細な彫刻が施されているものはなかなか出会えません。ヴィクトリアンの装飾家具ととても良くマッチしています。


英国のガラス天板付ネストテーブル、フランスの象嵌大理石5段チェスト、3段チェスト(5段チェスト後ろ)、ピンクオパルセント1灯シェード等の新入荷のものが可憐に設えられています。小振りのドレッサー(写真左)のような家具は、閉じるとコンソールのようになる、当時ソーイングボックス・ジュエリーケースとして製作されたものです。


こちらが、上写真のドレッサーの天板を閉じた状態です。閉じてもとても素敵です。
ジュエリーなどの大切なものをそっとしまう家具として、ご婦人が愛用していたのでしょう。


夢織オリジナルテーブルクロス・ティーマット・クッション、そして独占契約で扱っているスキティーをショールームに展示しています。人気のルイ16世様式柄生地で製作したポーチが、この度新しく入ってきました。繊細な彫刻が施された小振りのヴィクトリアンキャビネットは新入荷です。


店舗入り口では、ロココ画の巨匠フラゴナールの代表作「スウィング」を基に製作されたプチポワン額絵が皆様をお迎えしております。光の陰影まで見事に刺繍で表現された貴重なものです。今回ご紹介したものは一部であり、それ以外にも装飾芸術と呼ぶに相応しい新入荷のアンティーク家具が、店舗奥に華麗に設えられております。外は暑いですが、帝国ホテル館内は涼しいですので、是非、新入荷のアンティークとその設えをご覧になりにお越し下さいませ。皆様のご来店をお待ちしております。

新入荷商品届きました 帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.6.19.Sunday


梅雨入り宣言が出され、雨模様が続く外の天気とは対照的に、帝国ホテルプラザ東京店には新入荷の家具がたくさん届き、店内が華やいでおります。ヴィクトリア女王治世中期の透かし彫刻が前面に施された格調高いソファ、その後ろに見える華麗な陶板付クレデンザが東京店で初お披露目しております。


弊社代表・萬田あけみ著「究極のインテリア ロココ&ヴィクトリアン」が弊社店舗・本屋・インターネット等全国よりご注文頂いており、お陰様で大変ご好評頂いております。その本のタイトルである、ロココ&ヴィクトリアンの家具・シャンデリア等が東京店に入ってきました。(福岡小倉本店では、本出版記念フェアを好評開催中です。)


ショールームにも新入荷が多数届いております。美しい象嵌が全面に施された新入荷コモード・金箔ミラー、そのおそろいのような小振りの可憐なナイトテーブルを中心に、華やかな家具・シャンデリアを多数取揃えております。是非、間近でご覧ください。


こちらは稀少な、優美なキドニー型のヴィクトリアンデスクです。脚に見られるアカンサスの木彫刻の上には金彩が施されるほど凝っており、デスク天板の赤レザーは英国で張り替えております。貴婦人が優雅に手紙を書いている姿が想像されるデスクです。


こちらは、ヴィクトリアンコーナーです。チッペンデール様式に、稀少なリボン柄彫刻が施されたソファです。夢織デザインで生地を張り替えることにより、さらに格調高くなりました。後ろに見える、ミラー付のヴィクトリアンクレデンザも新入荷で届きました。写真では見えませんが、細かい象嵌細工が下部全体に施されております。


こちらは、華麗な象嵌細工が施されたコモード、金箔が施されたミラーを中心に設えたロココのお部屋です。バカラのシャンデリアが豪華さを演出しています。


孔雀を見事に表現した、アール・ヌーヴォー期の木象嵌額絵が存在感を示します。夢織デザインで張り替えた新入荷の椅子も多数ございます。


アール・ヌーヴォー期のガレ、ドーム等のテーブル・テーブルランプ・花瓶、英国アーツ&クラフト期の椅子やサザーランドテーブルも届いております。ガレの家具作品が近日中に届く予定です。





ナポレオン三世時代のステンドグラスと彫刻が素晴らしい家具でさらに映える、美しい黄色が印象的なベルフランセのカメオ彫り花瓶です。(上)稀少なガレ初期の花瓶(左)、バカラの金彩イニシャル入りグラス(右)もコレクションケースの中で展示しております。


新入荷のリボン柄象嵌が施された美しいショーケースが目を惹きます。
ルイ16世様式生地で製作した夢織オリジナルのテーブルクロス、ティーマットもとても人気です。現在届いております新入荷家具、シャンデリア等の華麗なディスプレー展示は6月26日迄です。皆様のご来店をお待ちしております。

お客様のお部屋ご紹介―東京都在住 K様

2016.5.31.Tuesday


音楽・美術等芸術全般に関心が高く、日本伝統芸能のお謡い、筝曲、茶道などを嗜み、日々探究されていらっしゃる
K様が選ばれた、上質の西洋アンティークの数々・・華麗なロココ様式ミラー、プチポワン刺繍ファイヤースクリーン、天使のガラステーブル、流れるようなデザインの格調高いヴィクトリアンカウチとアームチェアで設えられたK様の感性の高さが伺えるお部屋です。アームチェアは、カウチと同じ上質生地で張り替え、さらに素敵になりました。豪華な雰囲気が漂う、室内装飾をつくり上げられました。


ダイニングテーブルを彩る、マリアテレジア型のシャンデリアが豪華さを演出しています。
「このシャンデリアが入り、お部屋がとても華やぎました。」とお気に入りのK様。夢織で人気の華やかなルイ16世様式テーブルクロスを色違いでお持ち頂いており、季節に合わせてテーブルコーディネートされ、ご主人様・ご友人等と、アフタヌーンティーをお愉しみになっております。優雅な光景が目に浮かびます。


優美な花籠シャンデリアを中心に、K様のコレクションを飾られています。このシャンデリアには陶器のお花と、銅製の葉が誂えられ、可憐さをさらに演出しております。
写真には写っていないですが、稀少なアンティークの3段ケーキスタンドもお持ちで、素敵に飾られ、実用されています。


華麗な花籠のエッチングドアは、夢織でデザインし、他のドアの木質と同じように特注で製作しました。弊社・本店のモデルルームのエッチングドアをご覧になられ、ご自分のお部屋に取り入られました。お部屋から見ても、とても素敵です。


華麗なルイ15世様式ベッドで設えたベッドルームです。ヨーロッパのお城を廻り、多くの憧れのベッドを目の当たりにされた、K様の想いがこのベッドルームから感じられます。


こちらは、ベッドルームのワードローブとしてお使いの上質マホガニー材が使用されたキャビネットです。K様のご希望により、正面のミラーは弊社工房で製作しました。このキャビネットは当時、ヨーロッパの古城をはじめベッドルームで良く使われていた、リネンを入れるためのキャビネットでした。 “ほんもの”志向のK様ならではの設えです。


夢織で選ばれた美しい模様の入ったカーテンレースをされ、お部屋がさらに華麗になりました。稀少なクリスタルガラスのフロアランプと、マリアテレジアシャンデリアもとても良く合います。日本芸能を探究し続け、西洋の室内装飾をこよなく愛するK様が行きついた、“美”の集大成です。

アール・ヌーヴォー美術展開催中!
帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.3.23.Wednesday


東京店では、「アール・ヌーヴォー美術展」が開催されており、大変ご好評頂いております。
ガレ、マジョレル、ゴーティエ、ドーム、シュナイダー兄弟、ミューラー兄弟等、有名作家の家具・照明、そして、稀少なアール・ヌーヴォー期のセーブルを多数展示しております。
HPをご覧の方に展示会の一部をご紹介致します。


ガレ初期のベース、そして小振りのカメオ彫ランプが新入荷で届いております。それ以外にも新入荷のガレ、ドームのランプがまだまだ展示しておりますので、是非、間近でご覧くださいませ。


春の訪れを感じさせるマーガレットのマジョレルのゲリドン
アール・ヌーヴォーの作品にこんなかわいらしい作品があるなんて・・・


アール・ヌーヴォ―期のセーブル磁器です。
セーブルを象徴する王者のブルーから、春らしい色鮮やかな色のものまで、
写真に載っているもの以外にも展示しております。


セーブルのビスクドールです。
絵付けしたドールでは表現できない、白磁の幻想的な美しさです。
セーブルは今週末までの展示ですので、どうぞお早目にお越し下さい。




変わって店舗は、赤い座のルイ15世スタイルサロンセットが目を惹きます。
弊社代表・萬田あけみ著「究極のインテリア ロココ&ヴィクトリアン」にも紹介されている繊細で美しいサロンセットです。見ているだけでも優雅な気持ちになります。

現在、各書店・HPにて弊社代表・萬田あけみ著「究極のインテリア ロココ&ヴィクトリアン」が好評発売中です。本をご覧になられた方から、「こんなに西洋アンティーク家具・室内装飾について充実した内容の本は初めて見た」等、お褒めの言葉を多数頂戴し、本に出ているアンティークについての問合せが殺到しております。
書店では、入荷待ちや売り切れの場合もございます。
書店に無い場合は、夢織店舗、当社HPでも販売しておりますので、どうぞお問合せ下さいませ。


アール・ヌーヴォー家具が中心の「アール・ヌーヴォー美術展」です。作家・ゴーティエのサロン7点セットが豪華に中央を彩ります。その他にも、ガレの新入荷ネストテーブル・ティーテーブル、マジョレルのゲリドン(2段テーブル)等をはじめ、装飾芸術と呼ぶに相応しい家具がたくさん届いております。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

新入荷商品届きました 帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.2.15.Monday


寒気も緩みはじめましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
帝国ホテルプラザ東京店では、夢織の選りすぐりの上質アンティークを多く取り揃えており、その中の一部を、HPをご覧の方にこの度ご紹介致します。


ヴィクトリアンのペイントネストテーブルです。英国ヴィクトリアンのネストテーブルには、絵付師が見事な絵を絵画のように描いております。英国では、この時代(19世紀後半)のペイントされたテーブルは、象嵌よりも価値が高いとも言われております。


英国のヴィクトリアンとは対照的な、こちらはフランスのガレ象嵌ネストテーブルです。風景画を見事に象嵌で表現している、ガレにしか出来ない芸術観です。三段目の三匹の「猫」が描かれているテーブルが、このネストの象徴です。愛猫家だったガレの想いが込められています。


こちらは、ナポレオン三世時代の小振りな象嵌コモードです。
花籠の象嵌が湾曲した形に美しくされており、その象嵌を引き立たせるブロンズ細工も豪華さをさらに演出しています。小振りであり、女性的な優美さを備えながらも他を圧倒する存在感も放っております。


店舗には新入荷家具、人気のレース、ジュエリー、ルイ16世様式のテーブルクロス、クッション、マットが届いております。是非ご覧くださいませ。


上質オーク材家具を取り揃えたバトラーズコーナーも、大変ご好評頂いております。
これから春に向けて暖かくなって参りますので、夢織アンティークをご覧になりに是非お遊びにいらして下さいませ。

新入荷商品届きました
帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2016.1.06.Wednesday


新年明けましておめでとうございます。
帝国ホテルプラザ東京店は元旦よりオープンしており、連日お客様で賑わっております。
こちらの王室御用達生地で張り替えた、豪華な赤のソファーが皆様をお出迎えしております。


人気のアールヌーヴォーコーナーです。ガレ、マジョレルの家具をご覧になりにご来店される方がとても多いです。この度、ガレのテーブルランプも届きました。


こちらはヨーロッパの王室御用達生地で張り替えたリエージュのソファーセットです。
その後ろにある、格調高いジャポニング(西洋漆加工)されたキャビネットの存在感に目を惹きつけます。


象嵌キャビネットの前にあるヴィクトリアンネストテーブルがお正月の設えに良く映えます。




日本の帯や塗り物を使った和洋折衷ディスプレーです。ボヘミアンのデキャンタに、日本酒を入れてみてはいかがでしょうか。


こちらはルイ16世様式の生地で張り替えたチェアです。この生地でカーテンを作り、ソファーやチェアも張り替え、お部屋を華麗にコーディネートされる方が多くいらっしゃいます。


入荷するとすぐ完売する大変人気のクッションが入荷致しました。テーブルクロス、テーブルセンター、ティーマット等もあり、既に数が減ってきております。ご興味ある方はお早目に!


豪華なブロンズシャンデリアが、店舗入り口で光り輝いています。
ブロンズに施された繊細な女神の彫金。美しさを際立てています。


ランタンのような英国ベンソン社製吊り灯です。和の雰囲気も感じさせる、アート作品です。YUMEORI夢織で長年不動の人気を誇る金華山のカーテンと良く合います。


東京店、ショールームには他にも新入荷家具、シャンデリア、陶磁器、グラス等たくさん届いております。皆様のご来店をお待ちしております。
2016年度もYUMEORI夢織 帝国ホテルプラザ東京店をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム、クリスマスフェア好評開催中

2015.12.01.Tuesday


クリスマスデコレーションが街のあちこちに見られる季節になりました。
帝国ホテルプラザ東京店ではクリスマスフェアが開催され、新入荷の家具、照明等をはじめ、クリスマスの設えで皆様をお迎えしております。


ショールームの中央には、優美な彫刻のリエージュサロンチェアセットと何とも美しい刺繍のソファーが華やかなサロンの雰囲気を味わって頂けます。


リエージュサロンセットの後ろに見える、ラッカー(漆塗)大理石クレデンザは圧巻です。
可憐な小振りのペイントラウンド型ショーケース(写真左)もこの度入ってきたものです。


可憐な3人の天使がバラのシェードを下げているブロンズシャンデリア。3灯というのは、とても珍しいです。壁には、すばらしい金彩彫刻が施された壁飾りが見る人を圧倒します。
金彩コンソールテーブルの上に飾られているのは、セーヴルのテーブルランプです。美しいセーヴルブルーと金彩のコントラストが目を引きます。ランプの生地シェードもオリジナルの貴重なものです。


“これは一体なんだ?”と思われる方も多いと思いますが、こちらはなんとランドリーボックスなのです。ベッドルームを彩るランドリーボックスとして特別注文されたものです。ロココ様式に彩られた華麗なベッドルームの内装に合わせてこだわり抜いた事が伺えます。
上部のフタを開けると、中にはオリジナルの取手付きの布製バッグ。どんな方が使っていたのか?想像を描き立てられます。


こちらのソファーは、英国マナーハウスより入手した逸品です。
繊細な彫刻の上には、金はすべて金箔が貼られています。刺繍もオリジナルであり、優美なバラの花の刺繍に魅了されます。


ルイ16世様式ダイニングテーブルを中心にクリスマス
ダイニングテーブルの横には、稀少な象嵌コモードが小振りながら、圧巻の存在感です。
是非間近でご覧頂きたいです。


豪華なバカラ燭台(ペア)、格調高いコープランドプレートセット、美しいクリスマスカラーのグラスセット等がテーブルを彩ります。ショーケース内に見える黄色のプレートセットはウエッジウッドのものでして、一枚一枚異なる天使のような少年が描かれております。


象嵌大理石ビュッフェの横には新入荷の小振りのホールクロックです。アンティークのホールクロックは大変稀少であり、時計の機械もオリジナルです。30分ごとに鐘が鳴り、1時間置きに時刻を知らせる鐘が時刻の数だけ鳴ります。音を聞くだけでも、幸せな気持ちになります。


ダイニングルームを彩る、大理石象嵌ビュッフェの上には新入荷の燭台付マントルクロックが飾られています。お花とフルーツの油絵は、フランスのお屋敷に飾られていたものです。ダイニングルームに良くマッチしています。


なんて可憐なシャンデリアでしょう。
バラの花は陶器、葉は銅で出来ているほどこだわり抜いています。
金彩ミラーと合わせると、マリーアントワネットの時代の華やかな設えが再現されます。


バトラーズルーム(執事の部屋)をイメージした、英国らしい設えです。
100年以上前の質の良いオーク材のドローリーフテーブルセット、ブックケース、カップボード等の家具を厳選しており、“ものの質が他のお店と違う”、“彫刻がとても細かい”と感心されてご覧になられる方も多いです。


ご来店された方から、“ヨーロッパのクリスマスを感じる”“アンティークの放つ落ち着いた雰囲気がいいですね”等ご好評頂いております。


クリスマスらしいフルーツ柄のプレートセットに、純銀のティーポットセット等、アフタヌーンを彩る小物類もたくさん届いています。


帝国ホテルプラザ2階の広間には、夢織のアンティーク家具が展示されています。
帝国ホテルより、クリスマスのリヴィングルーム設えを依頼され、帝国ホテルを設計したフランクロイドライト氏をイメージし、アーツ&クラフト時代の家具で設えました。
こちらも是非お立ち寄りくださいませ。


クリスマスプレゼントに、きっと喜ばれる素敵なグラスもたくさん届いています。
今回はショールームをご紹介させて頂きましたが、東京店のメイン店舗にも多数、新入荷の商品が届いています。(次回、ご紹介致します。)
皆様のご来店をスタッフ一同、お待ち申し上げます。

1  |  2  |  3  |  4  |   31件

ブログトップ↑