HOME > 夢織ブログ

Yumeori blog 夢織ブログ

夢織の日々を発信します。

福岡小倉本店 クリスマスフェア&ウイグル絨毯特別展 好評開催中

2015.12.13.Sunday


師走を迎え、何かと気ぜわしい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
福岡小倉本店では、創業25年の節目を記念してウイグル手織絨毯特別展、クリスマスフェアを同時開催中です。もう織る事が出来ない幻のウイグル手織絨毯を、コレクターから入手した初公開の品々を加えて、12/25(金)までの特別公開です。


イギリス・フランスの上質アンティーク家具が彩る大ホール。貴族のサロンルームを彷彿させる設えです。


金箔ソファと見事に調和した丸絨毯は、弊社社長宅で30年余り使用されてきたものです。生きた羊の毛のみを使用し、春夏秋冬の羊毛をブレンドさせた最高の質感は、30年以上使用しても変わらず、良い状態を保っています。




こちらは新設した絨毯コーナーです。
夢織で取り扱うウイグル絨毯は主に欧米輸出用で製作されていた上質絨毯なので、西洋アンティーク家具ととても良く合います。2〜3mの大きさのものから小振りなもの、色・柄・サイズに至るまで豊富な在庫をご用意しております。先ずはウールの質感を、そしてウイグル絨毯ならではの色・柄のデザインでお選び下さい。


小部屋もYUMEORI夢織が誇るアンティーク家具を豪華に設えています。
こちらの部屋では、雑誌『Mon Salon』に掲載された家具ディスプレイをクリスマス仕様でご披露しています。


ロココの部屋では、人気のベッドを華麗に設えています。
繊細な彫刻が見る者を圧倒するリエージュのベッドは、ピーコックを思わせる放射状の化粧張りが美しい逸品です。豪華な壁紙、カーテンと合わせると王室の寝室が再現されます。




1Fでは、本場ヨーロッパのにぎやかで温かなクリスマスを再現しています。
今年も華やかで楽しいと、ご来店のお客様からたいへん好評です。
クリスマスを彩る素敵なグッズをおみやげにどうぞ。


今年もハロッズやフォートナム&メイスンからクリスマス限定のビスケットやチョコレートがたくさん届きました。ヨーロッパならではの色彩豊かなパッケージは、手元に置いておきたいほどデザインの優れたものばかりで、数量限定のお菓子もありますので、お早めに。


夕方からはきらびやかなイルミネーションをお楽しみいただけます。


クリスマスフェア&ウイグル絨毯特別展はともに12/25(金)までです。
皆様、お誘いあわせのうえ、ぜひ遊びにいらしてください。

帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム、クリスマスフェア好評開催中

2015.12.01.Tuesday


クリスマスデコレーションが街のあちこちに見られる季節になりました。
帝国ホテルプラザ東京店ではクリスマスフェアが開催され、新入荷の家具、照明等をはじめ、クリスマスの設えで皆様をお迎えしております。


ショールームの中央には、優美な彫刻のリエージュサロンチェアセットと何とも美しい刺繍のソファーが華やかなサロンの雰囲気を味わって頂けます。


リエージュサロンセットの後ろに見える、ラッカー(漆塗)大理石クレデンザは圧巻です。
可憐な小振りのペイントラウンド型ショーケース(写真左)もこの度入ってきたものです。


可憐な3人の天使がバラのシェードを下げているブロンズシャンデリア。3灯というのは、とても珍しいです。壁には、すばらしい金彩彫刻が施された壁飾りが見る人を圧倒します。
金彩コンソールテーブルの上に飾られているのは、セーヴルのテーブルランプです。美しいセーヴルブルーと金彩のコントラストが目を引きます。ランプの生地シェードもオリジナルの貴重なものです。


“これは一体なんだ?”と思われる方も多いと思いますが、こちらはなんとランドリーボックスなのです。ベッドルームを彩るランドリーボックスとして特別注文されたものです。ロココ様式に彩られた華麗なベッドルームの内装に合わせてこだわり抜いた事が伺えます。
上部のフタを開けると、中にはオリジナルの取手付きの布製バッグ。どんな方が使っていたのか?想像を描き立てられます。


こちらのソファーは、英国マナーハウスより入手した逸品です。
繊細な彫刻の上には、金はすべて金箔が貼られています。刺繍もオリジナルであり、優美なバラの花の刺繍に魅了されます。


ルイ16世様式ダイニングテーブルを中心にクリスマス
ダイニングテーブルの横には、稀少な象嵌コモードが小振りながら、圧巻の存在感です。
是非間近でご覧頂きたいです。


豪華なバカラ燭台(ペア)、格調高いコープランドプレートセット、美しいクリスマスカラーのグラスセット等がテーブルを彩ります。ショーケース内に見える黄色のプレートセットはウエッジウッドのものでして、一枚一枚異なる天使のような少年が描かれております。


象嵌大理石ビュッフェの横には新入荷の小振りのホールクロックです。アンティークのホールクロックは大変稀少であり、時計の機械もオリジナルです。30分ごとに鐘が鳴り、1時間置きに時刻を知らせる鐘が時刻の数だけ鳴ります。音を聞くだけでも、幸せな気持ちになります。


ダイニングルームを彩る、大理石象嵌ビュッフェの上には新入荷の燭台付マントルクロックが飾られています。お花とフルーツの油絵は、フランスのお屋敷に飾られていたものです。ダイニングルームに良くマッチしています。


なんて可憐なシャンデリアでしょう。
バラの花は陶器、葉は銅で出来ているほどこだわり抜いています。
金彩ミラーと合わせると、マリーアントワネットの時代の華やかな設えが再現されます。


バトラーズルーム(執事の部屋)をイメージした、英国らしい設えです。
100年以上前の質の良いオーク材のドローリーフテーブルセット、ブックケース、カップボード等の家具を厳選しており、“ものの質が他のお店と違う”、“彫刻がとても細かい”と感心されてご覧になられる方も多いです。


ご来店された方から、“ヨーロッパのクリスマスを感じる”“アンティークの放つ落ち着いた雰囲気がいいですね”等ご好評頂いております。


クリスマスらしいフルーツ柄のプレートセットに、純銀のティーポットセット等、アフタヌーンを彩る小物類もたくさん届いています。


帝国ホテルプラザ2階の広間には、夢織のアンティーク家具が展示されています。
帝国ホテルより、クリスマスのリヴィングルーム設えを依頼され、帝国ホテルを設計したフランクロイドライト氏をイメージし、アーツ&クラフト時代の家具で設えました。
こちらも是非お立ち寄りくださいませ。


クリスマスプレゼントに、きっと喜ばれる素敵なグラスもたくさん届いています。
今回はショールームをご紹介させて頂きましたが、東京店のメイン店舗にも多数、新入荷の商品が届いています。(次回、ご紹介致します。)
皆様のご来店をスタッフ一同、お待ち申し上げます。

お客様のお部屋ご紹介―福岡県在住T様

2015.11.27.Friday


バレエ、オペラ、クラシック音楽をこよなく愛し、芸術に造詣のあるT様。
YUMEORI夢織を20年以上ご愛顧頂いている感性高いジェントルマンです。
貴族のお屋敷から入手した逸品、コレクションと呼べるほどのチェアをたくさんお持ちで、ブログでは紹介しきれないほどのアンティークを多数所有されていらっしゃいます。
T様の感性で選ばれた夢織のアンティークを大切にされ(細かい手描きのカップ&ソーサーで紅茶を愉しんだり)、ヨーロッパの人たちが楽しんでいるような生活スタイルでエンジョイされています。


T様の大好きな椅子とコンソールテーブルを組み合わせた英国の設えです。
絵画等の額絵を一面に飾る、ヴィクトリアンハウスを彷彿させるゴブラン織り、プチポワン刺繍画。“ほんもの”をご存じのT様の感性の高さが感じられます。
植物学者並みにバラに詳しいT様が、アンティークのベースにご自分で生けられたバラも素敵です。


王室御用達のドレープカーテンをすると、さらに格調高い空間を演出します。
季節によってカーテンを変えられ、アンティークの設えを愉しまれ、時には椅子の生地も張り替えられます。代々受け継がれたアンティークを大切にするヨーロッパ貴族のように、アンティークに愛着を持って接していらっしゃいます。


リビングとダイニングの中間に置かれたエドワーディアンのショーケース。
その中に、YUMEORI夢織で1点、1点出会われたC&S、ラリックグラス、銀器等のコレクションを飾られています。マホガニーの赤黒い色合いに、白磁の陶器が良く似合います。


こちらはリビング横の畳のお部屋です。
優美な曲線を描くリエージュのティーテーブルの下には、ウイグル絨毯。
今では稀少となった小振りの絨毯が重なり合いながら、美しく敷き詰められています。
そして、荘厳な雰囲気のチェアの後ろに掛けられたカーテン。
こちらも王室御用達のシルク生地でつくられたもので、とてもゴージャスです。また、カーテン上部のバランスは、T様のお手製というこだわりぶりです。


隅には、透かし彫刻の見事なコーナーキャビネット。
T様の審美眼にかなった美しいフォルムが魅力です。
ミラーに映り込むご自慢のグラスも輝いています。


映画『黒執事』でも使用されたアンピール様式のペアのチェア。
繊細な中にも凛とした美しさを感じさせる逸品です。
カーテンはYUMEORI夢織だけが取り扱っているイギリスのアーツ&クラフツの花柄生地。
裏から赤のシルク生地をのぞかせた、2枚仕立てというデザインはYUMEORI夢織がご提案したものです。


YUMEORI夢織のお客様とも交流をお持ちのT様。
お宅に伺ってみたいというお声も多く上がっており、何人もの方が訪問されています。
クラシック音楽の愉しみ方や紅茶へのこだわり、調度品や照明の使い方などの生活スタイルに共感して、取り入れている方も多くいらっしゃいます。
当時の王侯・貴族をはじめ上流階級が生み出した、今では作れない最高の家具、調度品の価値をお分かりの方で、YUMEORI夢織の真髄を長年ご愛顧いただいている、“ほんもの”志向のお客様です。

福岡小倉本店 秋の設えで皆様をお待ちしております

2015.10.31.Saturday


朝晩めっきり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
YUMEORI夢織福岡小倉本店では、店内秋のディスプレイに模様替えし、皆様のご来店をお待ちしております。

まずは2Fの大ホールから。
豪華な家具・照明・小物・ウイグル絨毯などなどを用いたディスプレイが目を引きます。


2Fホールの奥で厳かに設えられているのは、ロバート・アダム様式のミラーバックショーケース。
古代ローマなどの装飾モチーフを取り入れ、全体を古典的な趣味で統一したスタイルで、テーパードレッグなどにその特徴が表れています。
壷や花綱の彫刻の細やかさ、美しさにも目を見張るものがあります。


問い合わせの多いウイグル絨毯コーナーは、サロンスペースからじっくりご覧いただけるように場所を移しました。
足元に絨毯の恋しい季節。色・柄・文様など豊富に取り揃えている当店で、ぜひごゆっくりとお選びください。


ウイグル絨毯コーナーとは反対側にある、ナポレオン3世時代のサロンセット(ソファとアームチェア2脚の3点セット)です。
1870年頃の製作で、木部には贅沢に切りだしたローズウッドが使われているという、稀少な逸品です。


2Fにある白い壁紙のお部屋です。
モダンな雰囲気の中にも、ウェッジウッドの陶板が入ったショーケースや、紺と白の気品漂うカップ&ソーサーが、優雅なアフタヌーンティーの風景を演出しています。


同じく2F、バッキンガム宮殿と同じ壁紙の使われたお部屋です。
ブックケース、セティ、チェアに見られるようなチッペンデール様式で統一されています。
まさに、貴族のお屋敷のダイニング風景といった設えに、うっとり見とれてしまいます


左のお部屋は1F玄関を入ってすぐのコーナーです。
中央にあるアンティークジュエリーを載せたテーブルが以前よりも見やすくなったと評判です。

11月には福岡小倉本店で、創業25周年を記念したフェアを開催予定です。
皆様に喜んで頂けるようただいま準備中ですので、ご期待下さい。
当サイトのニュースでもお知らせしましたが、取材を受けた雑誌も今後続々と発売予定です。
(『Bon Chic Vol.12』のみすでに発売中です。)
こちらもお楽しみに。

・Bon Chic Vol.12 発売中
・RSVP 第17号 11/2発売予定
・Mon Salon No.1 11/9発売予定


イングリッシュガーデンのブルーベリーの木が紅葉を始め(写真左)、ヒイラギも赤く実りつつあります(写真右)。
これから寒さの身にしみる季節となりますが、皆様お誘い合わせのうえ、ぜひYUMEORI夢織小倉本店へ遊びにいらしてください。

お客様のお部屋ご紹介―福岡市在住 N様

2015.10.18.Sunday


築90年以上の日本家屋の和室を、西洋アンティーク家具が映える内装にリフォームされたN様宅。彫刻が素晴らしいリエージュキャビネット、ソファーに華麗なブロンズシャンデリアを合わせたN様の感性の高さが伺える設えです。


優美なエッチンググラスドアのデザインは、夢織インテリアデザイナー・萬田あけみによるものです。また屏風に合う額装のデザインも夢織が手掛けております。(写真右壁の額絵) N様のお母様の形見の屏風をこのお部屋に似合うように飾りたいとご依頼頂きました。ジャポニズムの影響を感じさせるガレのカメオランプと絶妙に合います。


N様の大好きな小振りな象嵌コモード、ブロンズウォールランプを中心に、上質なリエージュ家具を素敵に合わせられています。ガレのランプや、ブロンズ時計・写真立等、調度品にもこだわられています。


YUMEORI夢織でひそやかな人気のある、150年前の織り機を使用した英国製バラ柄コットンレース、王室御用達ブルー生地で張り替えたヴィクトリアンアームチェア、ヴァセリンシェードの照明が上質な空間を創りだしています。


N様お気に入りのアール・ヌーヴォステンドグラスを嵌めたリヴィング入口。


リフォームしたお部屋以外は全て和室なので、廊下から見ると和を感じさせるアール・ヌーヴォステンドグラスが良く似合い、リヴィングルームから見ると西洋のインテリアともマッチします。


ベッドルームにはお花が咲いているような美しい形をしたヴァセリンガラスシェードに薔薇のお花のウォールランプを合わせています。


ミューラーのアール・デコシャンデリアを中心に、和の内装に西洋アンティークを合わせて落ち着いた雰囲気を感じさせるお玄関です。


一目ぼれして、ご自分の好きな生地を合わせたN様お気に入りのアームチェア。
もともと和がお好きだったN様が、YUMEORI夢織のアンティークとの一つ一つの出会いを重ねられ創り上げた、N様の“美の集大成”です。

新入荷商品届きました ショールーム東京店

2015.10.11.Sunday


ショールーム東京店に新入荷がたくさん届きました。
リエージュサロンチェアセットを中心に、華やかでありながら、秋を感じさせる落ち着いた設えに模様替えしました。


Recommendation(今月おすすめ商品)のガレのベッドセットが初お披露目です。
ガレの表現した、“ジャポニズム”の世界をご堪能ください。




大変ご好評頂いております、ルイ16世様式のリボン柄生地で張り替えたベッドが可憐に設えられています。ベッドの生地でカーテンを合わせるととても素敵です。


ナポレオン三世時代のリエージュショーケースを中心に格調高い設えです。
1800年代のお花模様のエッチングガラスつい立が、優美な雰囲気を演出しています。


金箔で貼られたソファーに合わせて、ブラック色の王室御用達生地で張り替えた椅子で豪華にコーディネート。“ほんもの”は“ほんもの”に惹かれあう・・夢織ならではの設えです。


ロバートアダム建築を彷彿させる、ウエッジウッド陶板付の楽譜入れです。どんな音色をこの家具は聴いていたのでしょう。想像が掻き立てられます。
花かごの素晴らしい彫刻が施された、金彩の大理石コンソールテーブルは一見の価値ある逸品です。


ジェントルマンルームをイメージした格式高い設えです。
豪華なグリーン色生地で張り替えたヴィクトリアンローズウッドソファーを是非ご覧頂きたいです。


ショールームだけでなく、帝国ホテルプラザ東京店にも家具、テーブルランプ等新入荷が届いておりますので、是非この機会にお立ち寄りくださいませ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

オータムフェア2015
帝国ホテルプラザ東京店から秋の新入荷のお知らせ

2015.9.21.Monday


さわやかな秋風を感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
帝国ホテルプラザ東京店に新入荷家具、照明、小物等がたくさん届きました。9月のおすすめ商品でご紹介しております豪華なブロンズシャンデリアが、店舗入口ウィンドーで皆様をお出迎えしております。


人気の英国ヴィクトリアン家具で設えたコーナーです。
エレガントな佇まいと見事な彫刻が印象的な小振りのヴィクトリアンキャビネット(写真左)は、
上部はショーケースで、下部は前方の鍵を開けるとビューローになります。当時の貴婦人がマイセン等の自慢のコレクションを飾り、優雅に手紙を書いていた光景が目に浮かびます。


装飾芸術と呼ぶに相応しい、新入荷アール・ヌーヴォー家具が多数届きました。




大変稀少な、エミール・ガレが大好きだった“猫”を題材にした作品です。
植物学者のガレは、壮大な自然界、植物をテーマにした作品が多く、猫のように動物をテーマにした作品は貴重です。2段テーブル、ネストテーブルと2点同時にご覧頂ける絶好の機会ですので、是非足をお運びくださいませ。


こちらはガレの“鳥””を題材にしたローテーブルです。当時はティーテーブルが多く、低いテーブルはほとんど制作されていなかったため、ガレの作品でローテ―ブルは大変稀少です。日本の葛飾北斎、歌川広重の浮世絵に感銘した、フランス人ガレが描く、“和”の世界です。


ガレ、ドームをはじめ、テーブルランプコーナーです。小振りのガレのベイユースの、和を感じさせる淡い色合いを直接ご覧頂きたいです。


シャンデリアもたくさん届いております。ドーム&マジョレルシャンデリア、ベンソン社ヴァセリン大シェード、稀少な天使ピンクバラ2灯シャンデリア、ピンクオパールセントガラスの可憐なシェード等、YUMEORI夢織ならではの品揃えです。


美しいピンクに目を奪われる、新入荷ミントンプレートセット、パリ窯トレー付きミニチェアポットセットがリモージュ陶板ショーケースをさらに可憐に引き立たせています。まるで生きた薔薇のような見事なアイアンワークのミューラー兄弟・カメオ彫り薔薇文テーブルランプをヴィクトリアンシフォニエに飾ると、より自然界で育つ力強さが感じられます。アートな組み合わせに、言葉を失い、見入ってしまいます。


YUMEORI夢織アンティークで優雅なティータイムをお過ごしになられませんか?
新入荷の英国ストックオントレントのお花のポットに、貴族のイニシャル入りデミタスC&Sセットを夢織オリジナルティーマットで合わせると、ティータイムをさらに華やかに演出し、上質なひとときをお過ごし頂けます。紅茶の国・イギリスで3つ星を獲得したスキティーもご一緒に!



新入荷は他にもリエージュサロンセット、ルイ16世様式金箔コンソール、ルイ16世様式ベッド、ヴィクトリアンローズウッドソファ等、ショールーム東京店(帝国ホテルプラザ内)にも多数届いておりますので、是非お越しくださいませ。皆様のご来店をお待ち申し上げます。

新入荷商品届きました 帝国ホテルプラザ東京店&ショールーム

2015.8.08.Saturday




厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか?
東京店に新入荷家具が届き、ショールーム、店舗がさらに格調高くなりました。
英国王室御用達生地で張り替えた金箔ソファーは圧巻の存在感を放ち、ウィンドー前に立ち尽くしてご覧になられている方が多いです。


こちらも英国王室御用達生地で張り替えた華麗なソファーです。芸術的なデザインフォルムに繊細な透かし彫り彫刻が施された、絵画のように鑑賞して頂きたいソファーです。包みこまれるようなフォルムで座り心地もとても良いです。


愛らしい天使画の陶板付キャビネットとレディースアームチェアの組み合わせが、ヴィクトリア女王時代の英国貴族趣味を彷彿させます。貴婦人が腰を据えていたことが想像される気品ある設えです。


可憐なリモージュ陶板付のショーケースには、18世紀のセーブルワインクーラー、プレート等が飾られています。陶板付の小振りなショーケースは東京店に初めて入ってきた稀少なものです。




ガレのマグノリア(木蓮)花台が、蝶柄のシルク生地をバックに素敵に映えます。
ガレは自分のガラス作品を飾るために家具を製作したと言われており、まさにその思いを体現した作品です。ガレの代表的モチーフと言っても過言ではないマグノリア(木蓮)が、見事な象嵌細工で描かれています。


美しいグリーンの色が印象的な6客カップ&ソーサセット(写真左)、目に鮮やかな水色のフランス上質生地で張り替えたペアのチェアです。他にも素敵な家具、陶磁器、グラス等が届いておりますので、是非間近でご覧頂きたいです。


「ヨーロッパのお城にあるような家具の数々に驚き、感動しました。」
「アンティークとはこういうものを言うのですね。」「ソファーと張地の組み合わせが絶妙でウィンドーに引き込まれました。」等、お陰様でご来店された方々や、帝国ホテルプラザ内の店舗スタッフからもお褒めの言葉を多数頂戴しております。皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

大好評につき、8/9(日)まで再延長 夏の英国フェスティバル 福岡小倉本店

2015.8.02.Sunday




毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
現在、福岡小倉本店で開催中の「夏の英国フェスティバル」は大盛況につき、8/9(日)まで継続することとなりました。会期延長に伴いまして、店内の設えも少し変更し、室内装飾が豪華なロココを思わせる華やかなベッドルームが完成しました。


ベッドとチェアは弊社オーナーのデザインで、華麗なルイ16世様式生地で張り替えたものです。大人気の色違いのピンクの生地でつくった夢織オリジナルクッションは、お陰様で全国の方々からご注文頂いております。


Before


After

実はこちら、昨年のリフォーム前は玄関のあった場所です。
同じ場所とは思えないほど、雰囲気ががらりと変わりました。


ベッドサイドには、人気のホワイトペイント ドレッサー。
こちらはスツールとセットのものです。ブルーの座面が気品をよりいっそう高め、夢のような設えを演出します。


そばにはYUMEORI夢織では珍しいホワイトペイントのナイトテーブル(ペア)もあります。
可憐な雰囲気を演出する、ピンク生地シェードのテーブルランプがこのお部屋にピッタリです。


細かな彫金細工が見事な、ガラス天板の載ったローテーブル。
ベッドサイドを優雅に演出します。


お花の刺繍入りアンティークレースも届きました。
7月に英国フェスティバルにご来店された方も、少し模様替えをした福岡小倉本店に改めて足をお運びください。
皆様のご来店をお待ち申し上げております。

好評のため延長 夏の英国フェスティバル 福岡小倉本店

2015.7.22.Wednesday


梅雨の晴れ間にのぞく青空に、本格的な夏の到来を感じる季節になりました。福岡小倉本店では、夏の英国フェスティバルを開催しております。お客様からも大変ご好評いただき、連日たくさんの方にご来店をいただいております。


今年の英国展では、英国の栄華と繁栄の歴史を強く感じられる、煌びやかで大変稀少なアンティークの数々が揃いました。1Fショールーム内には、赤いプチポワンの座が可愛らしいチェアを合わせたダイニングテーブルや、透かし彫刻が美しいショーケースなどが据えられて、イギリスの伝統的なマナーハウスの一室に迷い込んだかのようなしつらえです。


2F大ホールです。


大ホール奥には、今月のおすすめでもご紹介しましたヴィクトリアン象嵌ミラーバックディスプレーキャビネットとヴィクトリアン様式透かし彫刻ソファがしつらえられています。YUMEORI夢織25年の歴史の中でも最高レベルの逸品である、こちらのディスプレイキャビネットはHPに掲載以来、大変な反響をいただき、すでにSOLDとなってしまいましたが、来店されたお客様は皆様こちらのミュージアム級の家具を、美術品をご覧になられるようにうっとりと眺められています。


英国貴族のお屋敷には欠かせないチッペンデール様式の家具のダイニングテーブルには、スポードコープランドのシノワズリーティーセットでコーディネートされています。同じくチッペンデール様式のセティやアームチェアは英国王室御用達のファブリックで張り替えたもので、お客様からもご好評いただいています。


小部屋にも新入荷の家具や張り替えた椅子やソファが入り、ディスプレイが変わりました。新入荷の家具が入り、ダイニングテーブルやソファをメインに、ダイニングルームやリビングルームのしつらえです。YUMEORI夢織で座面を張り替えたチェアとセットのドローリーフテーブルは、モダンなお部屋にもぴったりです。


1Fでも、イギリスの家具を中心にしたダイニングルームのご提案をしております。


今年もロンドンからハロッズのビスケットやぬいぐるみなどグッズが到着しました。ヨーロッパのファブリックを使った、YUMEORI夢織オリジナルのティーマットやテーブルクロスと組み合わせて、贈り物にいかがでしょうか?


この度は新しいレースも入荷し、可愛らしい小花柄や、大きな蝶のモチーフの入ったものなどさまざまなレースが入っております。夏の模様替えに、涼しげなレースカーテンはいかがでしょうか?


梅雨明けも間近に迫り、イングリッシュガーデンの緑も爽やかです。
蒸し暑日が続いておりますが、是非お遊びにいらして下さいませ。スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。

1  |  2  |  3  |   21件

ブログトップ↑