HOME > 会社概要

ギャラリー夢織 会社案内

http://www.yumeori.net

小倉本店イメージ

福岡小倉本店

福岡大名店イメージ

帝国ホテルプラザ東京店

帝国ホテルプラザ東京店

ショールーム
帝国ホテルプラザ東京店

(株)夢織は、英国、フランスを中心にヨーロッパから、世界共通のアンティークの定義に基づいた、“ほんもの”のアンティークを直接買付・輸入しています。また、アンティークを“もの”としての価値は勿論のこと、その背景にある歴史、文化・芸術、生活様式等を含めて、幅広く、奥深くご紹介しております。その一端として、海外・国内から一流のアーティストを招いてのサロンコンサートや劇場での音楽会、又セミナーや講演会を開催するなど文化・芸術の紹介にも努めています。
英国のマナーハウスをイメージした売場面積300坪の夢織福岡小倉本店と、1890年(明治23年)日本の迎賓館として開業以来一世紀を越す伝統と格式を誇る帝国ホテル内の帝国ホテルプラザ東京店(2013年7月オープン。2014年6月末に同ホテル内にショールームをオープン)及び帝国ホテルプラザ大阪店(2018年2月オープン)に、常時5000点以上のアンティーク家具・照明・小物類を展示・販売。いずれも宮殿やお屋敷を思わせるような“ほんもの”の空気感漂う設えが注目されています。また、壁紙・カーテン、クッション・テーブルクロス等ファブリック部門を設置し、新築・改装・お部屋の模様替え等のインテリアデザインやコーディネートも手掛けております。
店名の由来ともなったウイグル手織絨毯は、夏冬温度差100℃という世界で最も過酷な自然環境に棲息する羊ゆえの、その羊毛の質、艶やかな光沢、肌ざわり、弾むような弾力性、シックな色合い、アンティークとの見事なコラボレーション等で多くのファンやリピーターの方にご好評をいただいております。 1990年(平成2年)創業以来、品揃えの質の高さと永年の実績が評価され、英国で最も権威あるアート&アンティーク協会、LAPADA(英国美術骨董協会)の会員に推挙され、2010年の認定時、家具・照明部門では、アジアで唯一の会員という栄誉に浴しました。年1回開催の定時総会でもアジアから唯一出席し、研鑽を積んでおります。
更に、創業25周年を記念して、弊社社長萬田あけみ著「究極のインテリア─ロココとヴィクトリアン」を出版し、アンティークファンのみならず、建築・インテリア業界でも注目を集めています。 アンティークの価値をお分かりな、感性高いお客様との出会いを大切にし、“感動の共有”をモットーに、「心からお客様に喜んでいただけるようなお店づくり」に努めてまいります。